Top >  浮気調査の段階

浮気調査の段階

浮気調査といってもその目的な段階によって種類が異なってきます。

まず浮気をしているかどうかを確認するための調査。もっとも初期段階の浮気調査となります。疑いを確認するための調査であり、携帯電話や財布のチェックなど個人でできる範囲のものも多いのが特徴です。

それからいよいよ疑いが濃厚になった場合の証拠固めの調査。言い逃れができない証拠を掴むことで相手を白状させたり、離婚訴訟の際の有利な証拠にしたりします。この場合、尾行や写真撮影、あるいは浮気の回数や浮気をした場所などを確認することになります。個人では難しく、興信所などプロに依頼するケースが多くなります。

さらに調査が進展すると浮気相手の素性を確認する必要が出てくる場合があります。本人よりも先に浮気相手にコンタクトをとり、身を引くよう説得したり、強制的に分かれさせるという選択肢もあるからです。この場合、ある程度浮気相手の目星が立っているかどうかで調査の期間や難易度が大きく異なってきます。調査では仕事の人間関係や近所づきあいなど本人を巡る人間関係を幅広く調べることになります。最近ではインターネットを通じて浮気相手と知り合うケースが多く、この方面での調査も重要となっています。

このように、浮気調査にも段階に応じて行う調査の内容が異なってきます。浮気相手に何を求めるのか、修復する気なのか、それとも離婚など破綻を前提としたうえで有利な証拠を掴もうとしているのかによっても異なってくるのです。

Menu

関連エントリー

自分でできる浮気調査 浮気調査の段階 離婚との関係 浮気の証拠について 浮気調査を自動車で 具体的な流れ 活躍する機材について 浮気調査の料金について 夫に対する調査のポイント

Menu

夫婦の問題について

夫婦生活ナビゲーション

結婚話いろいろ

Link

Info