Top >  浮気の証拠について

浮気の証拠について

浮気調査の目的はパートナーが浮気をしている決定的な証拠を掴むことです。いかに決定的な証拠を掴むかによってその後の復縁や離婚に際して有利にことを進めていくことができるのです。

しかし、この証拠は何でもよいというわけではありません。それによって浮気がはっきりと確認できるにも関わらず証拠として認められないというものも少なくないのです。

まずメール。とくに携帯電話のメールは浮気調査の基本中の基本となります。メールの履歴で浮気の有無をチェックすることも可能です。しかし、メールの場合その相手と性行為を行ったかどうかを確認することが難しいため、相手が浮気を否認した場合には証拠として認めることが難しいのです。ですから、浮気を確認しパートナーを問い詰める役には立ちますが、裁判などでは証拠として使用することは難しいのです。

それから注意したいのが盗聴。浮気相手との電話のやり取りや逢引現場で録音した音声は浮気を確認するための決定的な証拠となります。しかし、相手の許可を得ないうえでの盗聴・録音は裁判においては証拠とは認められません。これは反社会的な手段によって人権を侵害するような形で得た証拠は違法として認められないからです。

このように、浮気調査の証拠にはさまざまな規制があります。当事者同士で決着をつける場合に大きく役だつ証拠も、公の場では役に立たないものもあるのです。浮気が明らかであるにも関わらず相手があくまでも否認してくる場合には裁判でも通用するような証拠を得ることが重要となってくるのです。

Menu

関連エントリー

自分でできる浮気調査 浮気調査の段階 離婚との関係 浮気の証拠について 浮気調査を自動車で 具体的な流れ 活躍する機材について 浮気調査の料金について 夫に対する調査のポイント

Menu

夫婦の問題について

夫婦生活ナビゲーション

結婚話いろいろ

Link

Info