Top >  妻を「人生のパートナー」と真に認識してから、浮気をやめました

妻を「人生のパートナー」と真に認識してから、浮気をやめました

"若いころの私は典型的な浮気性でした。結婚してからおとなしくしていたのは8か月ぐらい。つまり、1年と経たないうちに浮気をしてしまったのです。その後も、たびたび浮気しました。10年間で5人です。けれど、深みにはまったり、相手の女性と大きなトラブルになるということはありませんでした。
けれどそれは、今考えると、単に私がラッキーだったということでしょう。別に私が女性とつきあったり別れたりすることがうまかった、というわけではまったくないと思います。
そんな浮気性の私が、30代後半から、他の女性にちょっかいを出すことをピタリとやめました。私は30代後半で、サラリーマン生活にピリオドを打ち起業したのですが、そのとき仕事のパートナーとして妻がどうしても必要になりました。妻の持っているスキルや経験なくしては、その新しい仕事は始められません。
そのとき「この人は自分にとってかけがえのない、一生のパートナーだ」と、結婚して初めて、真に認識したのです。妻を大切にすることが、自分の人生で最重要、最優先のテーマと自覚して、浮気はやめました。
今でもたまに風俗で遊ぶことはありますが、それでじゅうぶんです。「ガマンして浮気を慎んでいる」という気持ちはまったくありません。
古い友人などは「人が変わったみたい」とおどろいています。"

夫婦の問題について

関連エントリー

夫婦喧嘩 仲直りできるなら夫婦げんかはした方がいい 夫婦喧嘩は時には必要 妻を「人生のパートナー」と真に認識してから、浮気をやめました 気づいた時には大変なことに 浮気も不倫もバレなきゃいいんじゃないでしょうか

Menu

夫婦の問題について

夫婦生活ナビゲーション

結婚話いろいろ

Link

Info